構造や工法にこだわる家
地域密着住宅会社一覧

長野県東北信版
  • 長野市
    小山木材株式会社

    小山木材の家は、なぜ「快適」なのか?

    快適さにはさまざまな要素がありますが、私たちが大切に考えているのは「健康に暮らせること」。

    それを前提に、この長野という地の風土に合った「快適」を追い求めて、出会ったのがFAS工法でした。

    それは、長野と同じ寒冷地である北海道で生まれた、湿度と温度を調整しながら空気を家全体に循環させる工法です。

    弊社代表である小山が、そのシビアな目で、様々な視点で他の工法とも比較し検証を重ねた結果、「FAS工法が最も理論に矛盾のない工法」という結論に至りました。

    小山木材の家は、なぜ「快適」なのか?

    まずはホームページにてその理由をご覧ください。

  • 長野市
    N-design 中澤勝一建築

    ”デザイン”と”技術”の掛け合わせで、暮らしの常識が変わる住宅性能を生み出す

    1937年に創業。腕のいい大工のいる工務店として地域の方々に応援されてきました。現在も大工を育成し木造建築の技術の継承に力を入れています。 N-designのミッションは、50年、60年経っても、健康で快適な暮らしを続けられる安心安全な家を提供すること。そのミッションを実現するために、弊社独自に性能の基準を設けています。 品質の良い高性能住宅を生み出すためには「デザイン」と「技術」を掛け合わせ、最適な工法を選択すること。そして、その工法のポテンシャルを最大限に引き出すのが、私たちの強みである「住宅性能の知識のある大工の高い技術力」。”デザイン”と”技術”の掛け合わせで、暮らしの常識が変わる住宅性能の家を実現するN-designとは?暮らしの常識が変わる N-G3 モデルハウスでご体感ください。

    【基本スペック】N-G3グレード(C値0.3㎠/㎡以下、UA値0.23w/㎡k以下、耐震等級3)
    全棟で構造計算、気密測定を行っています。

  • 長野市
    テクノホーム長野株式会社

    確かな耐震性の地震に強い「テクノストラクチャーの家」

    テクノホーム長野では創業以来、パナソニック・テクノストラクチャー工法による信頼の耐震住宅を建築しております。

    地震の多い日本において、家づくりで重視したいことに必ずあげられるのが「耐震性」であり、お客さまが安心して日々の生活を送っていただけるためにも強い家をつくることが私たちの使命であります。

    木造住宅では義務付けられていない構造計算を1棟ごとに行い、確かな耐震性の地震に強い家をお届けします。

    地震に強い注文住宅で、強さもデザイン性も妥協したくない。

    そんな家づくりをお考えの方は、私たちテクノホーム長野へご相談ください。

  • 長野市
    Mstyle house (エムスタイルハウス)

    「大スパン」なのに「高耐震」。SE構法でつくる家

    エムスタイルハウスは、タテにもヨコにも空間が広がる「耐震構法SE構法」を採用。

    最大9mのスパンを飛ばせ、大空間リビングや柱や壁に遮られない広いビルトインガレージを叶えます。

    耐震等級は、最高等級の「3」が標準。一棟ごとに構造計算を行って、安心安全を確実なものにしています。

    ホームページでは、さまざまな「大空間」「大スパン」の事例を紹介。「そんなことできるんだ!」と驚く事例をぜひご覧ください。

  • 長野市・上田市
    有限会社寺島工務店

    「人」「家」「地球」に優しい、深呼吸したくなる安心のいえづくり。

    お家の耐震性能が高くても、シロアリにやられたり湿気によって木材が腐ってしまったら、その耐震性は長い間維持出来ません。

    寺島工務店の “WB 工法” による家造りは、数百年の耐久性を誇る社寺建築に精通する大工職人が創り出した工法。
    壁の中に空気の通り道を作ることで蒸れ腐れを屋外へ逃がし、湿気を逃がす事で建物の耐久性を末永く維持します。

    温度で伸縮する特殊な金属のバネを使った “形状記憶式換気口“を使う事で、季節に合わせて衣替えをし、夏は涼しく、冬は暖かい。
    快適で耐久性の高い、安心の工法です。

  • 長野市・上田市
    東邦建工株式会社

    東邦建工がつくるのは、耐震等級3を越える強さで家族を守る家

    「耐震等級3」の家であれば、すべて同じというわけではありません。

    東邦建工のつくる家は簡易的な壁量計算ではなく、緻密な構造計算を全ての建物に実施しています。

    一棟一棟「許容応力度計算」にて強さを確認しているプラスαの安心のすまいです。

    強さは、「家族を守る建物」をつくる上で不可欠な要素。

    法律の上をいく強靭な構造躯体があってはじめて、デザインや間取りにもこだわることができると我々は考えています。

建てたい家テーマから探す

TOP